社畜生活

社畜生活

日曜夜の「明日からの仕事への憂鬱感」を緩和するために考えたいこと

平日に働き土日に休むサラリーマンにとって、日曜日の午後からいわゆる「サザエさん症候群」と言われる憂鬱な時間に差し掛かる。月〜金曜まで会社で働き手に入れた金曜の夜から始まるプライベートの時間が終わりに向かっていく憂鬱感は、毎週のことであっても...
社畜生活

社畜生活でプレッシャーを抱え込み過ぎないために持ちたい2つの概念

会社組織の活動は「様々な人間関係の中で考えの違いに揉まれながら意思決定を繰り返していく作業」だと言える。そんな組織に属する上では自分自身の考えを求められ、多くの場面で「YES/No」の二択を迫られる。日頃そういう世界に身を置いていると、世の...
社畜生活

行動を起こすためにどんなことも都合よく解釈する

「悩んだ時は考えずに動け」と言われる。立ち止まっていると不安が増幅するから、止まらず行動を起こすべきことは賛同できる。だけど、行動を起こす際に感情を無視できない。考えずに動くためには、その前に自分の感情を動かして腹落ちさせる、という段階が必...
社畜生活

金融投資と同様に時間の使い方のポートフォリオを構築する

ここ一週間毎日更新していた本ブログだが、急に記事更新をする意欲が薄くなり数日止まっていた。自分の思考を言語化する手段としてブログは有益だと感じる一方、ブログへの関心の程度は日によりムラが生じる。世の中には様々なものが溢れていて、人の関心は都...
社畜生活

他人に期待して苦しむことに終止符を打つための思考方法

「上司から意に沿わない指示が与えられた」「部下に仕事を依頼していたのに予定通り進捗していなかった」こうした時にストレスを感じるのは、相手が自分の思うように動いてくれることを期待してしまっているから。人は誰も他人の期待に応えるために行動する義...
社畜生活

休日の職場LINE通知がウザすぎるのでスマホを見る時間の削減する仕組みを構築した話

私のような意識が低い社畜にとってのオアシス、それが休日。できるだけ仕事からは離れて過ごしたい。そのささやかな願いをぶち壊す職場からのLINE通知。緊急事項なら仕方ないが、その多くは職場の愚痴等どうでもいい内容で百害あって一利なし。休日に仕事...
社畜生活

やりたくない事にNOと言えない時のBCDプラン

人生を自分にとって大切なことだけに絞って時間を使って生きていけたら理想。そして、大切なことをするためにこそ大切でないことを切り捨てる。時間は有限だから、このトレードオフの関係を肝に銘じたい。一方、会社員には自由な時間の使い方が許されない場面...
社畜生活

マネーリテラシーゼロからFP3級試験に一ヶ月で合格できた流れ

今年1月28日に実施されたFP3級試験(ファイナンシャル・プランニング技能検定)を受験し、このほど結果が出て無事に合格。FP試験を受けたきっかけは、お金関係のライフプランを自分で立てるための基礎知識を習得したかったから。基礎知識習得を欲した...
社畜生活

メンタルが低調な時のプライベートの過ごし方【お風呂に入るのも一苦労】編

社畜生活でメンタルが疲れ気味になりプライベートの時間にも何もする気が起きない状態になると、「お風呂に入るのが面倒問題」に直面する。お風呂に入ってリフレッシュした方が気持ちよく眠れるし、風呂に入りたいのはやまやまなのに、体が動かない。メンタル...
社畜生活

正しさの押し付けからは逃げてもいい、けれど。

社畜として集団生活をしていると、「自分の考えが絶対に正しいと譲らない人」に遭遇する。組織や上司の命令に従うことは絶対に正しいという常識は、社畜組織の中では当然のものとして存在する。また、時に自分自身もそういう思想に感化されて自分の考えが正し...