分からなくても動く「闇雲な跳躍」を自分に許す

名言

今日の名言

あらゆる要素を検討して徹底的に分析すればするほど、我々は足を踏み出せなくなるのではないか。あらゆるものを呑み込んで闇雲に跳躍すべき瞬間があるのではないか。例え行く手に待つのが奈落であっても。

夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦)
森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」原作特設サイト | KADOKAWA
森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」原作特設サイト。書籍情報、内容紹介、登場人物、森見登美彦&大森望 対談、関連書籍をご紹介。キュートでポップ、カラフルな奇想とめくるめく展開。抱きしめたくなるラブストーリーの大傑作です。文庫大好評発売中&2017年4月7日アニメーション映画化!

社畜が想う

いくら立ち止まって考え続けても正解が分かる保証もないし、考えるのを止めて動いてみればわかることもあるかもしれない。正解が見えなくても動く。そんな「闇雲な跳躍」をすることを自分に許したらいい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました