社畜生活

日曜夜の「明日からの仕事への憂鬱感」を緩和するために考えたいこと

平日に働き土日に休むサラリーマンにとって、日曜日の午後からいわゆる「サザエさん症候群」と言われる憂鬱な時間に差し掛かる。月〜金曜まで会社で働き手に入れた金曜の夜から始まるプライベートの時間が終わりに向かっていく憂鬱感は、毎週のことであっても...
社畜生活

社畜生活でプレッシャーを抱え込み過ぎないために持ちたい2つの概念

会社組織の活動は「様々な人間関係の中で考えの違いに揉まれながら意思決定を繰り返していく作業」だと言える。そんな組織に属する上では自分自身の考えを求められ、多くの場面で「YES/No」の二択を迫られる。日頃そういう世界に身を置いていると、世の...
INTJ

独自の世界を築きがちなINTJこそ人との相対化を試みると楽になれると思った話

「命をなくした人も多いのだから、片腕くらいとわりと気楽に思っていた」ゲゲゲの鬼太郎等の作者、故・水木しげる氏の言葉。戦時中に片腕を失ったものの、同僚等が戦死したことを踏まえると大事ではない、という意図が含まれている。この言葉からは、「日常を...
INTJ

独立したいINTJ型人間が会社組織に属する上で持ちたい「心の柱」について

道端に生えている木はただそこに生えているという誰にとっても共通の事実があり、そこには歴史的な背景や地球科学的な理由など様々な意味付けができるけど、どのような意味を考えるかは人それぞれの価値観。これは人生のあらゆることも同様。事実の存在を前提...
マインドセット

会社組織で疲弊する人に「Netflix版シティーハンター」を観てほしい理由

4/25に公開されたNetflix版「シティーハンター」を視聴。普段ドラマや映画をそこまで観ない自分でも面白く鑑賞し切れた。鈴木亮平演じる冴羽獠が見せるカッコよさはもちろん、観賞していて印象的だったのは次の二点。①冴羽が単なる切れ者なのでは...
マインドセット

浪費のためではなく資産を得るために時間を使う

脱社畜を意識するようになってから、お金を支出する際には使途を慎重に見極めるようになった。浪費になりそうな支出は避け、資産増加に繋げるために金融投資をするなど。この「資産増加に繋がるお金の使い方」を、時間の使い方にも転用したい。人生の限られた...
マインドセット

「今、ここ」を生きるために問い掛けたい言葉

「今、一番大切なことは何ですか?」自分自身にこの問いかけをすることで、今に集中することができる。仕事が終わって帰宅した後にも仕事のことを考えてしまったり、ぼんやりと将来のことを考えて不安になることがある。それは、今現在に集中できていないとい...
INTJ

INTJ型人間が陥りがちな「望まない断続思考」を止めるための方法1選

INTJ型の性格特徴を持つ人には共感してもらえるかもしれないが、私には、何かを閃いたことをきっかけに、その物事に関連する思考が止まらなくなることが割とよくある。仕事で自分の担当する懸案事項についてちょっとしたアイデアが頭に浮かぶと、その後し...
メンタルヘルス

無理をして辛くならないためにも「キャパシティ」の中身を理解しておく

人それぞれにキャパシティには限度があると言われるが、ここでいう「キャパシティ」とは何なのか。無理をして辛い状況に追い込まれることを防ぐためにも、この「キャパシティ」をより詳細に定義したい。個人的な経験を元に定義をするならば、それは次の式によ...
マインドセット

「仕事では成果を上げるべき」という思考の疑問点について

仕事において高い成果を出すことは素晴らしい、という常識的な思考。「高い成果=素晴らしい」と直接的に繋ぐことに問題はないのだろうか。例えば、高い成果を出すために大量の時間投下をしている場合はどうだろうか。高い成果を出すために残業をする。業務時...